TIBCO StreamBase® リアルタイム解析プラットフォーム

製品特長

大量のストリームデータをリアルタイム処理

TIBCO StreamBase®は、大量のストリームデータをリアルタイムでモニタリングし、重要なイベントを検知し、分析や次のアクションにつなげるリアルタイム処理を実現します。

 
GUIで自在なカスタマイズ、高い拡張性

データ、ファイルの入出力指定、処理といった実行フローは、アイコン・パレットから入出力アダプター、処理のためのオペレータを組み合わせ、視覚的にデザインします。
詳細なルール記述はGUI上で行うため、閾値の調整・変更等をユーザー側で短時間に実施できます。一般的なCEPはコーディング作業を含む相当の作り込みが必要ですが、StreamBaseは必要なアプリケーションを素早く構築、テスト、運用可能です。

 
TIBCO Spotfireと連携し、分析・レポートを自動化

アラーム発生時等、指定されたSpotfire分析ファイルを自動作成してメールで自動配信するなど、Spotfireとの連携が可能です。自動検知、分析・可視化、レポート配信までワンストップで実現しますので、複雑な既存システムを簡略化し、運用工数の効率化が期待できます。

またSpotfireのTERRで作成したモデルは、そのままStreamBaseで実装可能です。予測モデルに基づく未然処置、調整により早期に不良発生への対策を行うことが出来ます。

 
ライセンス販売、導入支援

カズテクニカでは、TIBCO製品(Spotfire、StreamBaseなど)のライセンス販売、
及び導入支援を行っています。まずはお気軽にお問合せ下さい。

■ライセンス販売
 ・1年間サブスクリプション
■導入支援
 ・使用環境構築支援
 ・導入トレーニングの実施
 ・ワークフロー作成サポート

※カズテクニカは、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社と
TIBCO製品の販売代理店契約を締結しています。

 

製品に関するお問い合わせ

データソリューション部 / TIBCO製品担当まで

株式会社カズテクニカ042-771-7741受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ